Reading Gauche/vm/insn/VALUES_N


Top / Reading Gauche / vm / insn / VALUES_N

VALUES_N

VALUES_N

説明

スタックポインタの指すデータを取り出しvals[i]レジスタ,VAL0ポインタにセットする。
VALUES_Nは、RECEIVE_ALLの反対の動作を行う。通常、RECEIVE_ALLと対で操作を行う。

値は最大でSCM_VM_MAX_VALUES - 1 個の多値をサポートし、それ以上ではエラーとなる。(現時点では19個)

VALUES はコンパイル時に多値の個数が分かっている場合に使われる。(values 1 2 3 4 5) の場合は5個として処理。VALUES_N は個数が分からない場合に使われる。 例えば、a というリストがあって (apply values a) とした場合など。

現在では、使用されていないと思われる。VALUES_N が使われていないのは stdlib.c にある C で書かれた values 手続きがあるからだと思われる。

使用例

関連項目

関連インストラクション

参照元

コメント

コメントはありません。 コメント/Reading Gauche/vm/insn/VALUES_N?

お名前:

MENU

now: 3

リンク


最新の20件
2019-02-26 2018-10-07 2018-09-20 2018-05-09 2017-09-29 2017-01-10 2016-12-11 2016-10-04 2016-08-14 2016-05-29 2015-12-28 2013-02-25 2013-02-21 2013-02-20 2013-02-12 2013-02-11 2013-02-10
最新の20件
2010-02-01 2010-01-31 2010-01-30 2010-01-29 2010-01-16

Counter: 1903, today: 1, yesterday: 1

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2009-06-16 (火) 22:16:10 (3569d);  Modified by mona
PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
Powered by PHP 5.2.17
HTML convert time to 0.023 sec.