議論/ライセンス


Top / 議論 / ライセンス

Mona PJの成果物のライセンスについて議論しましょう

おいおい

一度GPLにしたものをライセンスかえたらやばくないか?これがGPLの嫌われる理由の1つであると思うんだが。

   他者と取り交わすために著作物に適用するライセンスは、著作者が
   自由に定めることができる。著作者であれば条件に応じて異なる
   ライセンスを適用することも、複数のライセンスを適用するのも
   自由である。もちろん、個々の著作に対して適用したライセンス
   (約束事)はそれぞれ守らねばならない(100へぇ)

コメントはありません。 コメント/議論/ライセンス?

お名前:


はじめに: GPLのままでよいのか。

(話題を整理するため、下記コメントより移動)

柔軟にライセンスをクネクネできるのは今のうちだと思います。他人のコントリビュートが有ってからだと遅いかも。 -- .mjt

うむ。実はライセンスに詳しくないのでよく分からない。かといって詳しく勉強する時間も無い。GPLでいった場合のデメリットとは何でしょうか? -- ひげぽん

dev-j:GPL dev-j:ライセンス

どちらもGNUよりですが、GPLなソフトを取り込んだらそのソフトもGPLというのが絶妙なのです。これを嫌ってる人は結構居るかも。 -- .mjt

修正BSDライセンスとか良さそうですね。独自ライセンスを考えるという手ものこってはいますが。 -- ひげぽん

dev-j:GGPLとか(泥

GGPLはジョークとして、修正BSDライセンスは選択する価値がありますね。 -- .mjt

仮に修正BSDライセンスに移行する場合、どのような手続きが必要とされるのでしょうか? 基本的にはソースコードに手を加えた人の許可をとる? -- ひげぽん

ライセンス

GPLの義務

BSDLの義務

コメント: オープンソースライセンスの商業利用に関して

ふむ修正BSDライセンスは、たとえば私なり、.mjtさんなりがMonaの成果物でお金をもうけようとした場合はどうなるんですか?(もうからないけど -- ひげぽん

成果物で儲けようとする場合は製品に別のライセンスを与える必要が有るかもしれません。どちらにせよGPLよりは儲けやすいライセンスだと思います。製品に組み込んだ場合でもソースコード開示の必要がありませんから。 -- .mjt

コメントはありません。 コメント/議論/ライセンス?

お名前:

コメント: オープンソースプロジェクトにおけるライセンス管理

コメントはありません。 コメント/議論/ライセンス?

お名前:

コメント: ライセンスと貢献の関係

コメントはありません。 コメント/議論/ライセンス?

お名前:

コメント

コメントはありません。 コメント/議論/ライセンス?

お名前:

GPL⇒BSDL移行手順

  1. 使用していないstlportディレクトリの削除(ライセンス以前の問題として)
    1. 別途、サブプロダクト(将来を考えて複数)をソースのどこに配置するかを考えておく(.mjt氏がさっき考えていた)
  2. ソース提供者に連絡承諾を得る(.mjt氏、ぐりぽん氏)
  3. AnotherMona作者に連絡
  4. COPYING GPL用を削除
  5. 各ソースのヘッダにBSDLであることを明記
  6. sf.jpのライセンスを更新
  7. アナウンス
    1. sf.jpのNews
    2. 公式サイト
    3. 2chのスレ
  1. アナウンス文を考える(higepon)
    1. これこれこういうことで、GPLではなく今後はBSDにする
    2. 今までにGPLにおいてリリースした内容は引き続きGPLである

ライセンス変更 アナウンス(案) by ひげぽん

おもいつかん。

各自ソースヘッダに↓をおけばよい?名前のところは適宜変更

Copyright (c) 2002-2003 Higepon All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions are met:
 1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice,
    this list of conditions and the following disclaimer.
    Redistributions  in  binary  form must reproduce the above copyright
    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
    documentation and/or other materials provided with the distribution.
 3. The name of the author may not be used to endorse or promote products
    derived from this software without specific prior written permission.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR ``AS IS'' AND ANY EXPRESS OR IMPLIED
WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF
MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO
EVENT SHALL THE AUTHOR BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL,
SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO,
PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS;
OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY,
WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR
OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED
OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

MIT/X

コメントはありません。 コメント/議論/ライセンス?

お名前:

結論(ひげぽんの思い)

Mona PJの成果物はMIT/Xライセンスを採用する

MIT/X採用の理由

以下の条文をソースに含める(URLという手もあり要相談)

COPYRIGHT AND PERMISSION NOTICE
Copyright (c) 2002,2003 Higepon
Copyright (c) 2002,2003 Guripon
Copyright (c) 2003      .mjt
All rights reserved.
Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software
and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction,
including without limitation the rights to use, copy, modify, merge publish, distribute,
and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, 
provided that the above copyright notice(s) and this permission notice appear
in all copies of the Software and that both the above copyright notice(s)
and this permission notice appear in supporting documentation.
THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED,
INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, 
FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT OF THIRD PARTY RIGHTS.
IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT HOLDER OR HOLDERS INCLUDED IN THIS NOTICE BE LIABLE FOR ANY CLAIM,
OR ANY SPECIAL INDIRECT OR CONSEQUENTIAL DAMAGES, OR ANY DAMAGES WHATSOEVER RESULTING FROM LOSS OF USE,
DATA OR PROFITS, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, NEGLIGENCE OR OTHER TORTIOUS ACTION,
ARISING OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE USE OR PERFORMANCE OF THIS SOFTWARE.
Except as contained in this notice,
the name of a copyright holder shall not be used in advertising or otherwise to promote the sale,
use or other dealings in this Software without prior written authorization of the copyright holder.

コメントはありません。 コメント/議論/ライセンス?

お名前:

MENU

now: 1

リンク


最新の20件
2018-05-03 2017-09-29 2017-04-25 2017-01-10 2016-12-11 2016-10-04 2016-08-14 2016-06-05 2016-05-29 2016-04-15 2015-12-28 2013-02-25 2013-02-21 2013-02-20 2013-02-12 2013-02-11 2013-02-10
最新の20件
2010-02-01 2010-01-31 2010-01-30 2010-01-29 2010-01-16

Counter: 11172, today: 1, yesterday: 0

*1 盲信者ではないという事をさまざまな角度から語る工夫をされる

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2008-03-28 (金) 15:48:02 (3734d);  Modified by mona
PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
Powered by PHP 5.2.17
HTML convert time to 0.130 sec.