議論/オブジェクトマネージャ/040320


Top / 議論 / オブジェクトマネージャ / 040320

オブジェクトマネージャ

よく考えれば 2004/03/20 ひげぽん

具体的に考えてみれば出来ること出来ないことがつかめるだろう

2ch

現在オブジェクトマネージャ実装に向けて構想中です。
 
私の思うオブジェクトマネージャとは
・オブジェクトの生成・破棄
・オブジェクトの参照の管理
・名前空間によるオブジェクト参照の提供(ハンドルのようなもの?)
・オブジェクトに対する操作(read/writeなど)
などのサービスを提供するものです。
 
またここで言うオブジェクトとは
カーネル内のプロセス・スレッド・ファイル・Mutex・共有メモリなどに使われているデータを
保持する構造体(またはクラス)を指します。
 
イメージとしては
mm->open("/fs/disk0/hoge/hoge.txt", ...)とか。
 
mm->create("/type/UserProces", ...)みたいな感じです。
 
オブジェクトマネージャが1プロセスとして実装されることを目指していますが
実装してみないとなんともいえなそうです。
 
今悩んでいるのが動的な「型」の追加の方法です。
どういうことかというとオブジェクトマネージャを使用して
オブジェクトを生成するとき、ユーザーは
 
「xxxxという型のオブジェクトを生成して」とお願いします。
ex) Processオブジェクトを生成して mm->create("type/Process", ...)
 
この場合はオブジェクトマネージャがデフォルトで知っている型なので問題ないのですが
動的な型の追加ができた方が便利かなと思っています。
 
実際にNTでは出来るようなのでなんらか方法があるとは思うのですが
いまいちアイデアが浮かばず停滞気味です。
 

コメント

コメントはありません。 コメント/議論/オブジェクトマネージャ/040320?

お名前:

MENU

now: 6

リンク


最新の20件
2018-10-07 2018-09-20 2018-09-03 2018-05-09 2017-09-29 2017-01-10 2016-12-11 2016-10-04 2016-08-14 2016-05-29 2015-12-28 2013-02-25 2013-02-21 2013-02-20 2013-02-12 2013-02-11 2013-02-10
最新の20件
2010-02-01 2010-01-31 2010-01-30 2010-01-29 2010-01-16

Counter: 2805, today: 1, yesterday: 1

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS

Last-modified: 2008-03-28 (金) 15:48:02 (3916d);  Modified by mona
PukiWiki 1.4.6 Copyright © 2001-2005 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
Powered by PHP 5.2.17
HTML convert time to 0.035 sec.